読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「入門Spring Boot&Spring Cloud」に行ってきた

2017年1月23日(月)のJJUGJSUG共催のナイトセミナー「入門Spring Boot&Spring Cloud」に参加してきました。
その時のメモになります。

さくっと理解するSpring Bootのしくみ by 小川岳史さん

http://www.slideshare.net/OgawaTakeshi/spring-boot-71285225

1.Spring と Spring Boot の関係

  • Spring Boot = Spring - 面倒な設定 + 組み込みTomcat

2.Spring Boot が改善する開発プロセス

  1. 必要なライブラリのリストアップ
    • 依存性関係の記述が楽になる。
    • バージョンの互換性を解決する。
  2. 起動に必要なBeanの定義をする
    • よく使う Bean を自動で定義してくれる。(Auto Configure)
    • 自作 Bean を使いたい場合はそこだけ記述する。
  3. プログラミング
    • Tomcat 内包で生産性が上がる。
    • コードの変更をビルド時に検知し、オートリロードがかかる。
  4. パッケージング・デプロイ
    • 実行可能 jar でパッケージングできる。(Fully Executable Jar)
  5. モニタリング
    • エンドポイントの自動配備(ブラウザでエンドポイントの情報が見られる。) 

3.Spring Bootの構成要素

  1. Core: 起動が楽になる

    • Tomcatが内包されている。 → Jetty, Undertow にも置き換え可能。
    • Spring Boot が作成する Fully Executable Jar = Nested Jar ≠ uber.jar(fat.jar)
  2. Starter: ライブラリ同士のバージョン互換を解決

    • 実態は pom のみで、自分でStarterを作成できる。
  3. Auto-Configure: 自動でBeanを準備してくれる

    • 以下のアノテーションで、Bean生成制御が行われる。(自作Beanにも付与可能)

      アノテーション 説明
      @ConditionalOnBean Context に ○○Bean があれば Bean を生成する。
      @ConditionalOnMissingBean Context に ○○Bean がなければ Bean を生成する。
      @ConditionalOnClass classpath に ○○クラスがあれば Bean を生成する。
      @ConditionalOnMissingClass classpath に ○○クラスがなければ Bean を生成する。
  4. CLI: 雛形をCLIベースで作れる

  5. Actuator: アプリのモニタリング

    • Cloud Nativeなアプリの作成時に Cluoud がアプリのことを知るために必要なあるあるエンドポイント(ヘルスチェックやメトリックスなど)を自動的に用意してくれる。
    • Spring Cloud フレンドリ
  6. Test: Junitのユーティリティ

  7. Tools: 開発効率を上げる便利ツール

    • Springの自動再起動
    • 2つのクラスローダー
      • 再起動用: よく変更するクラス(自作のクラス)
      • 非再起動用: 外部 Jar で読み込んでいるクラスファイルなど
    • Tomcatの再起動ではなく、DIコンテナ(= Spring)のリロード
      よく変更するクラスファイルだけを再読込し、再起動する。
      (Tomcat のリスタートよりかは速い。)
        | Spring  | ← ここだけを再起動
        | Tomcat |
        | JVM  |
    • LiveReload(自動でリロードしてくれるブラウザのプラグインに対応)
    • 開発時のデフォルトプロパティ
      application.properties に設定を手動で記載しなくても Spring Boot Devtools がデフォルトでセットしてくれる。

4.質問

  1. Spring Boot の仕組みを理解する上で見ておくといいソースコード

    • AutoConfigure
    • BeanDefinitions
    • Core
  2. Spring Boot × JSP で気をつけること Spring Boot のマニュアルで JSP は非推奨


ぱぱっと理解するSpring Cloudの基本(熊谷一生さん&Xiaozhou Jiaさん)

http://www.slideshare.net/kazukikumagai1/spring-cloud

Spring Cloud とは

  • Cloud Nativeなアプリを作るための便利なツールの集合体
  • Cloud Nativeのメリット
    • 変化に強い
    • 性能のスケールアウト
    • 障害に強い

1.Spring Cloud おさえておきたい基本技術

  • Cloud Native の特徴
    • 小さな単位のアプリに分かれている(マイクロサービスアーキテクチャ
    • メリット
      • 疎結合で変化・機能追加に強い Dを追加しても
      • サービスの多重化による処理性能向上・対障害性向上

2.Service Discovery, Client-side Load Balancing

  • 発生しうる問題
    • 急激なリクエスト増加
    • 機能追加による負荷の偏り
  • 解決策
    • サービスの多重化
      • Service Discovery: Eurekaサーバ(≠DNS)の導入
      • Client-side Load Balancing: 要求元がアクセスサーバを決定
  • 実現する3ステップ
    1. @EnableEurekaService でEurekaサービスを作成
    2. @EnableEurekaClient でEurekaサービス登録
    3. @LoadBalanced で負荷分散

3.Circuit Breakerで障害検知・対応

  • 発生しうる問題点
    • 1ヶ所の障害でサービス全体が応答しなくなる可能性(1サービスの障害が全体に波及する。)
  • 解決策
    • 障害時の規定の動作を定義
    • 障害を検知した場合、事前に定義した既定の応答を返す。
  • 実現する2ステップ
    1. @EnableCircuitBreaker でCircuit Breaker の有効化
    2. @HystrixCommand で障害時の既定動作を定義

4.ConigServerで設定情報を集中管理管理

  • 発生しうる問題
    • サービスの数だけ設定ファイルが存在。
    • 設定変更が大変で不整合の恐れあり
  • 解決策
    • 設定ファイルの集中管理
    • Gitで設定ファイルの保管し、Configサービスで設定ファイルを取次ぐ
  • 実現する2ステップ
    1. @EnablConfigService でConfigsサービスを作成
    2. @EnablConfigClient でConfigクライアント作成

5.疑問点

  1. 設定を集約管理して信頼性は大丈夫か?SPOFになるのでは?
  2. Eurekaの冗長化(AZ毎にEurekaサーバを用意する。)
    • Eureka 同士がお互いを登録し合い、常に情報共有している
    • 障害時にEureka同士が持っている情報が異なる場合がある。
      Eurekaの考え方が Availability > Consistency (ただしバランスが大事)
  3. Config First or Discovery First

    • Config First !!!
      1. Config First Bootstrap
         Configを起動 -> ConfigからEurekaの情報を取得 -> Eurekaへ登録
      2. Discovery First Bootstrap
         Eurekaを起動 -> ConfigをEurekaへ登録 -> EurekaからConfigの情報を取得 -> Configへ問合わせ
  4. EurekaとDNSの違い

    • DNSより、Sevice Registryと負荷分散が簡単にできる